旅館結婚式の挙式スタイル

旅館結婚式の挙式スタイル

神社や教会での挙式から旅館内に神主を招いて執り行う旅館内神前式、日本の伝統ある祝言の儀式を現代流に合わせて執り行うことや
国指定名勝の大名庭園での挙式もご希望に合わせながら、ご案内をさせて頂きます。

ご家族様中心やお二人だけでの結婚式も可能となっておりますので、ご興味ございましたら、お気軽にお声掛けくださいませ。

旅館内神前式

新郎新婦様やご招待客様には移動をすることなく、挙式に参列頂くことができ、伝統ある旅館内での神前式を体感頂くことが可能となっております。
また、ご希望によっては雅楽の生演奏での神前式や旅館内での花嫁行列も可能となっており、本物の神前式を伝統ある旅館内で執り行います。

群馬県の神社での神前式と旅館結婚式

群馬県内で一番最初の神前式・和婚専門のプロデュース会社であるアニバーサリープレゼントが、群馬の神社と旅館を組み合わせた結婚式をご提案させて頂きます。
経験豊富なウエディングプランナーによる神前式を神社で執り行い、旅行のスペシャリストの資格も保有している旅館結婚式プランナーが、バスでの移動の手配もご要望に応じてお手伝いさせて頂きます。

旅館内祝言式

昔の結婚式は、生家で嫁入り支度をし、花嫁道中の一行を引き連れて嫁ぎ先である新郎の家へと向かいました。
新郎宅にて親族縁者を招き、和室の広間に並べられた祝いの席に新郎新婦を迎え入れたら祝言式の始まりです。
歴史ある旅館内にて、三々九度の盃を交わし、夫婦の固めの儀式を行う現代版の祝言式をご提案させて頂きます。

群馬県のカトリック教会での教会式と旅館結婚式

カトリック教会での教会式と旅館を組み合わせた結婚式

旅館内神前式や神社での神前式だけでなく、文化財にも指定されている歴史・伝統あるカトリック教会での教会式もアニバーサリープレゼントではお手伝いさせて頂きます。

前橋カトリック教会

ヨーロッパの本格的な教会建築様式を継承しており、1932年に群馬県内初のカトリック教会として建てられました。

2001年には国の重要文化財にも指定され、群馬県内では希少の文化財での教会式になります。
天井は尖頭アーチ型になっており、「人造石塗り洗い出し仕上げ」と呼ばれている外壁やティファニー考案のオパールセントグラスなど、珍しい工法が使用されている本格的な聖堂での教会式が叶います。

挙式スタイル

  • 教会式
お問い合わせをする

所在地

  • 群馬県前橋市
地図を見る

群馬県唯一の大名庭園 国指定名勝・楽山園での挙式と旅館結婚式

群馬県内でも初となる国指定名勝・楽山園での挙式をアニバーサリープレゼントが1日1組様限定でお手伝いさせて頂きます。
城下町の町並みでも知られる甘楽郡の小幡にあり、群馬県内でも唯一の大名庭園は「織田宗家のゆかりの場所」
その楽山園の庭園内を舞台に和風人前式や神前式をご提案させて頂き、茶室の「凌雲亭」では厳かな祝言式や茶婚式をご提案させて頂きます。

国指定名勝 楽山園

楽山園は、平成12年3月30日に国指定名勝となりました。当時の大名の趣向も良く表現しており、群馬県内では唯一の大名庭園になります。

楽山園という名前の由来は、「知者ハ水ヲ楽シミ、仁者ハ山ヲ楽シム」という論語の故事から名付けられたと言われており、学術的にも貴重な庭園になります。
城下町の落ち着いた町並みで知られる甘楽郡の小幡にあり、7年の歳月をかけて造られた江戸時代初期の大名庭園では、梅の茶屋、腰掛茶屋、土橋・土塀・井戸、拾九間長屋、庭門、北裏門・管理門、中門などが復元されました。
また、日本庭園の集大成とも位置付けられる江戸時代初期の池泉回遊式と、紅葉山や連石山、熊倉山などの山並みを借景として取り込んだ借景庭園は、豊かな広がりを演出しており、空間構成も庭園美の極みとも言えます。
複数の茶屋も配していることから、「織田氏と茶事」との関連も深く伺うことができ、歴史的・文化的にも価値の高い庭園。
楽山園での結婚式の創作をアニバーサリープレゼントがお手伝いさせて頂きます。

挙式スタイル

  • 国指定名勝での挙式
お問い合わせをする

所在地

  • 群馬県甘楽郡甘楽町
地図を見る
ページトップ